エクステンションをつける場合

ネイルエクステンションの付け方

ネイルをするときに気になるのが爪全体の長さです。
本当ならば地爪を使用するのがよいのでしょうが、爪を伸ばすのは時間もかかりますしなかなかキレイに整えながら伸ばしていくのは大変です。

そこで手軽に長くてキレイな爪を作ることができるのが「ネイルエクステンション」です。
「ネイルエクステンション」は「まつげエクステ」と同じように、本来の自分のパーツにちょっとした付け足しを行うことで、見た目をキレイにボリュームアップさせることができるテクニックです。

これまでも爪の長さをキレイに増やす方法として、ネイルスカルプチャーやつけ爪といったものがありましたが、いかにも「つけている」という雰囲気が出てしまったり、接着剤により地爪に貼り付けるという方法をとることから地爪をひどく傷めてしまったり、つけ爪と地爪の間に雑菌が入って感染症が起こってしまうということもありました。

そこで今注目をされているのが、もっと健康的にキレイに爪を伸ばして見せることができるネイルエクステンションです。

中でも「エクステンションジェル」というものでは、ジェルを最初に爪に塗って延長させることで、マニキュアと同じような感覚で爪の長さを自由に調節していくことができます。

ネイルサロンでネイルエクステンションを頼むなら

ネイルサロンをいくつか調べてみると、ネイルエクステンションのメニューがいくつかあることに気が付きます。
一見同じ「ネイルエクステンション」であっても、その方法が異なると施術にかかる費用や仕上がりが大きく違ってくるので、まずはその違いを理解した上でネイルサロン探しをすることも大切になります。

ネイルエクステンションの方法は大きく3つに分けることができ、それぞれ「スカルプチュア」「ジェルネイル」「リムーバブルジェル」というふうに言われています。

「スカルプチュア」とは、爪を延長させるチューブ状のアクリル樹脂素材を爪の大きさに合わせてカットをし、それを爪の表面に接着剤で貼り付けて使用します。
そもそも爪素材と異なるものをはりつけることからとても丈夫に仕上がることができるので、3Dネイルなど重みのあるネイルをするときには勧められます。

「ジェルネイル」はジェルを爪の上で伸ばして塗りUVランプで硬化させることで爪自体を長く見せることができる技術です。
スカルプチュアのように接着をするわけではないので自然で透明感のある仕上がりになることが特徴です。

「リムーバブルジェル」は基本的にはジェルネイルと一緒なのですが、ジェルネイルと使用される材料が異なり、より柔らかい仕上がりになります。
外しやすいのですが強度的に若干不安があるため、重みよりも透明感のあるからーを楽しみたいという人に向いています。

ネイルサロンによって得意な方法が異なります

ネイルエクステンションを選ぶときには、単に価格や所要時間だけを気にするのではなく仕上がりのデザインから考えるのがよい方法になります。

例えばこれから数日後にパーティーなどを控えており、一時的に派手目のネイルを作りたいという人なら人目を引くことのできるスカルプチュアがおすすめですし、地爪をカバーしつつ長くキレイな爪をしていたいというならジェルネイルやリムーバブルネイルがおすすめです。

もともと爪が薄くて割れやすいという人や、既に何度もネイルをしていてかなりダメージを受けているときなどは、できるネイルの種類も限られてくることもあります。

まずは理想のデザインをいくつか候補として考えておき、そこからプロのネイリストさんと相談しながらどれが一番よいかを考えていきましょう。