必要な能力

ネイリストの仕事と現実

ネイリストは女性の多くにとって憧れの仕事の1つです。
きれいなネイルをつくる仕事は自分でやっていてももちろん楽しいものですが、自分の腕でお客さんの爪をキレイにしあげ、それに満足してもらえるとなるとまたその嬉しさはひとしおというところでしょう。

ですがそんなネイリストの仕事ですが、実際に生計を立てるまでにするにはかなり厳しい現実があります。

ネイルに関する仕事はいろいろありますが「ネイリスト」という職業一本で長く仕事を続けていくのはかなり難しいということは先にしっかりと自覚をしておく必要があると言えます。

ネイリストとしての仕事をするには、まずヘアサロンやエステサロンなど美容系のお店に勤務をするか、もしくは自分で独立してお店を持つという方法に分かれます。
ネイルのみで営業しているサロンは少数であり、その多くは個人営業として小さく行っていることが大半なので、やはりネイルで仕事をしていくなら最終的な目標は独立してお店を持つということになるでしょう。

ネイリストとして仕事をするには、サロン店員であっても個人であっても、まずはそれなりの技術があることを証明できる資格を取得するのが最初の一歩となります。

確かな技術やセンスをそなえるとともに、訪れたお客さんに高い満足度を与えることができる能力もまたネイリストとしては大切な資質となります。

ネイリストとしての技能資格

ネイリストとしての資格は看護師や栄養士のように国家資格として行われているものはなく、全て民間団体が独自に基準を設けて実施しています。

そのため、数多くあるネイリストの資格の中でもできるだけ信頼性が高く業界内で有名なものを選ぶようにすることも大切です。

日本国内のネイリスト団体の中でも有名なところとしては、まず「NPO法人 日本ネイリスト協会(JNA)」があります。
またネイリストの資格試験としては、「財団法人 日本ネイリスト検定試験センター」というところもあります。
他にも「社団法人 日本メイクアップ技能検定協会」などでもネイルに関する資格試験があるので、それらのうちの1つは取得をしておくことをおすすめします。

資格試験は学科のみでなく、実際に実技を行うことも内容に含まれているので、まずはスクール通学や通信教育で実際にネイルの基本を学び、その上で資格試験にチャレンジをするようにしましょう。

最初にそうしたスクールを利用すると、必要な用品をお得な価格で一式購入することができるなどの特典があります。

資格を取得することで基本的な能力は身につきますが、そのあともネイルの流行や技術は常に移り変わっていきますので、そうした情報を集めて自分の力にしていける好奇心や向上心も必要になってきます。

その他ネイリストとして必要なスキル

いくら高い技術やセンスがあっても、それだけではネイリストとして仕事をしていくのは難しいでしょう。
アーティストとして活動をするならともかく、客商売としてネイリストを目指すなら技術の他にも接客のためのスキルも磨いておく必要があります。

訪れる人との会話の中からどんなネイルを好んでいるかを見つけて提案したり、またそれを適切な形で示していけるプレゼンテーション能力も必要になってきます。

ネイルの施術中はお客さんとじっと向かい合うことになるので、そうしたときに退屈をさせないための接客術というものも必要になってくるでしょう。

そうした能力はいきなり個人では難しいので、やはり資格取得後は一度どこかのお店に勤め、そこで修行をしてから独立を目指すというコースが一般的です。