種類

ネイルのお手入れ方法には、いろいろな種類があります。
代表的なものとして、ジェル、アクリル(スカルプチュア)、ポリッシュが挙げられます。

ジェルにもさまざまな種類があり、一般的にネイルサロンでよく使われているものとして、カルジェル、バイオジェル、maniQなどがあります。
サロンで一番多く使われていると思われるのはバイオジェルで、ジェルの中でも強度が高いので、サロン向きだといえます。
その代わり爪への負担がカルジェルと比べると高いので、爪が弱いという自覚がある方は、カルジェルのほうがおすすめです。
カルジェルは爪への負担が少ないので、万人の方に気軽に利用していただくことが可能ですが、紫外線に弱いため、長時間そのままにしているとジェルがだんだん黄ばんできてしまいます。
海などに出かける季節は、黄ばみが早いので、その点に注意する必要があります。
サロンによっては、紫外線の影響を受けにくくするトップコートを追加料金を支払って塗布してくれるとこもあるようです。

maniQは、ジェルの劣化がないので、付け替えるときにオフする必要がありせん。
これはかなり画期的だと思われますが、意外とネイルサロンに普及していないという現実があります。
ジェルの劣化がないということは、ベースのジェルを残したまま、上だけ削って更に新しいジェルを乗せてデザインすればいいので、地爪への負担がとても少ないです。
その代わり、ジェルの厚みにちょっと欠ける面があるので、長い爪を保ちたい方は、割れたりしてしまうことに注意する必要があります。

ほかにもネイルスクールで使われているジェルは、安価で利用できますが強度が弱いなど、ジェルには本当にいろいろな種類がありますので、ご自身の爪の状態に合わせたジェルを使用しているサロンを見つけることが大切です。
「そちらのサロンでは何のジェルを使っていますか?」と聞くと教えてくれることがほとんどですが、まれに「ソフトジェルです」という回答が返ってくる場合があります。
そのときは、「ソフトジェルのどのメーカーのものを使用していますか?」と尋ねれば、使用しているジェルの種類を教えていただけるはずです。
そのジェルと、こちらの記事の内容を参考にしながら、サロン選びをしてみてください。

ジェルをずっと施術し続けるとなると、やはり爪に負担がかかってきます。
爪が丈夫な方はよいのですが、薄い方や弱い方は、負担がかかるとどんどんペラペラになっていってしまいますので、ぜひ爪に合ったジェルを選ぶことをおすすめします。