ネイルで必要な道具

ネイルのケアをするには、どんな道具が必要になるでしょうか?
ジェルをサロンで施すのであれば、特に自分で道具を覚えたり、使い方を理解する必要は
ないかもしれませんので、ここではポリッシュ(マニキュア)で爪のお手入れをするときに使う
アイテムについて、いくつかご紹介したいと思います。

昔から女性の爪を美しく見せてくれるアイテムとして活躍しているポリッシュ。
昔はマニキュアと呼ばれていましたが、ジェルが定着しだしたころから、ポリッシュと呼ばれるようになりました。
爪のお手入れに欠かせないアイテムです。

ポリッシュを塗る前に塗ると、爪を保護してくれる上にポリッシュの発色をよくしてくれるのがベースコート。
ベースコートは、何も塗っていない爪に毎日塗って、爪の補強にも使えます。
塗っておくと爪にツヤが出るので、透明のポリッシュを塗っているようになり、補強もできて一石二鳥。

ポリッシュの上に塗って、ポリッシュを保護しながら発色をよくしてくれるアイテム。
塗っておくとポリッシュのもちが違うので、きれいにポリッシュを維持したい方には必須です。

ポリッシュを落とす除光液。
以前はアセトンが入っているものが主流でしたが、爪に負担がかかることから
最近はアセトンが配合されていないものが主流になっています。
ポリッシュを落とすとき、塗り替えるときに欠かせません。

爪のヤスリ、爪の長さを調整したり、ざっと形を整えたりするときに使われます。
ジェルの際にも整形などに活用されますね。爪切りで爪を切ってしまうのはナンセンス!
これからはネイルファイルで長さを調整しましょう。

いわゆる「爪磨き」。学生の頃、校則が厳しい学校では、爪磨きをして手もとをおしゃれに見せ合いましたよね。
あそこまできれいに艶が出ないものもありますが、ツヤを出すという…は同じです。

ネイルのお手入れでいろいろなときに役立つ棒。甘皮を押したり、
ポリッシュを塗っていてはみ出した部分をぬぐいとったりするのに使います。

爪を健康に保つために、甘皮周辺に塗るオイル。
できれば手を洗う度に、少なくともお風呂あがりや寝る前にはしっかりとオイルを塗りましょう。

この他にもネイルのケアをするためのアイテムはいろいろあります。
こうしたアイテムを揃えていくと、爪のお手入れが楽しくなりますね。