基本のネイルアート

ジェルやアクリル、ポリッシュでも、基本のネイルアートがあります。
それは、グラデーションとフレンチ。この2つのネイルの施術方法について解説します。

まずはグラデーション。
グラデーションのやり方は本当に簡単で、クリアジェルを塗った上から、ラメやカラーのジェルを少しずつ重ねていき、グラデーションをつくっていくだけです。
簡単な施術なので、サロンのネイルアートの中でも一番安価で施術を行っていただけます。
ちょっとひねりのあるグラデーションになると、カラーグラデーションを作って、つめ先にラメを少しだけ乗せると、同じグラデーションの施術料金でも個性が出るのでおすすめです。
例えば、ラメベージュのグラデーションにして、つめ先にゴールドのラメを少しだけ乗せると、秋らしくてエレガントなネイルになります。

そのほか、ホワイトラメのカラーグラデーションに濃いブルーのラメを乗せると、雪っぽい冬仕様のネイルになりますし、ワインレッドのカラーグラデーションにゴールドのやシルバーのラメを乗せるのも素敵。
施術費用を節約したいけど、少しでもひねりのあるデザインにしたいという方は、ぜひ試してみてください。

フレンチネイルは、清潔感があってとても人気がありますが、施術に手間と時間がかかるので、料金はかなりお高めです。
クリアに白いフレンチでつくる方もいらっしゃいますし、ベースにカラーを乗せて、白のフレンチにする方もいらっしゃいます。
フレンチネイルの作り方は、ポリッシュとジェルで若干の違いがあります。

ポリッシュの場合は、ジェルのようなクリアを塗るよりは、カラーを乗せるほうがきれいに仕上がります。
まずベースカラーを塗って、その上から白いポリッシュで左右からつめ先に斜めにカラーを乗せて、真ん中の形を整え、その上からトップコートを塗ればポリッシュでのフレンチネイルが完成します。

ジェルでフレンチをつくりときは、まず度合いとなるクリアジェルを1回塗って下地をつくり、その上からクリアジェルを爪の半分に2回重ね塗りします(都度UVランプで硬化します)。
それからフレンチの部分になるホワイトのカラージェルを詰め半部に塗り、形を整えます。
その上から、ラメなどを塗ってもよいですし、クリアジェルで仕上げをしてもよいですが、最終的にクリアを2回重ね塗りして終了です。

ジェルでのフレンチは半分半分分けて塗るので、厚みのバランスが難しいです。
きれいに形を整えるんも意外と大変なので、サロンでも施術料金がお高いことが理解できます。
セルフネイルでは特に利き手の施術が難しいので、お友達と交換で施術し合えるのが理想です。